最新の投稿

すぐ行動できる人が望む人生を実現できる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分が望む人生を明確に出来ている人はすぐに行動に移せる人です。逆に自分の望む人生がぼやけている人は目指すゴールがハッキリしていないので、「めんどくさい」とか「つらい」とか「時間がない」とか「お金がない」とか様々な言い訳を言いながら行動を先送りしていて充足感のない日々を費やしています。

「人生を成功に導く要素は、信念や想いや願いなどの心理的要素が80%を占めていて、ノウハウとか知識などの活用方法は20%しかない」と言われています。その中でも自分が望む人生の姿を具体的にイメージ出来ていることが一番大切です。

私は小学生の時に父親からお前のこれからの人生の先はものすごく長くこれから様々な出来事を経験することになるがその経験を生かすも殺すもお前自身の心構えで決まる。そして人は皆死んでいくが死ぬ直前に走馬燈のように生まれてから死ぬまでの記憶が鮮明に蘇ってきて最後に自分の人生は幸せであったか自問自答させられるので、悔いのない人生を送るためには一日一日を自分で良いと思う言動をするように教わりました。そのお蔭で今までの人生は多少の悔いはありますが前向きに自分らしく生きて来れました。誰しも死ぬときに後悔の気持ちを持ったまま死にたくないのは当然です。

自分の人生になんらかの不満を感じている場合は、その「不満」という結果をもたらしたものは過去におけるなんらかの「行動の先送り」が原因でその不満を生み出していると思います。行動を起こさない限り決して現実が変わることはないのです。

以前のブログでも書きましたが、子供のように素直な人は得た知識や人から教わったことを自分の日々の行動に取り入れてすぐ行動できます。とにかくやってみてそのプロセスの中で得た成功点と失敗点を分析しながら行動を改善してゆく好循環が生まれます。プライドが高い人は素直でない人が多くやるからには100点を目指すためなかなか行動に移せない人が多く現状維持のままの人が多いです。
そのような現状維持の人は「行動のスイッチ」を押せないまま、現実をありのままに見ることを拒否し続けます。あまりにも問題を抱えすぎていて、頭が麻痺していて望む人生を考えることを拒否し、痛いはずなのに痛さに慣れすぎて痛さを感じられない状況に陥っています。

幸運は待っていても決してやってくることはありません。行動した人にしか訪れないのが現実です。行動しない人には悪運が忍び寄ってきます。その悪運による望まない現実に直面しても行動しない人は自分自身に原因を見出すことはせず全て他人のせいにすることが殆どです。他人のせいにする生き様は百害あって一利なしであることに気付かない可哀想な人です。

すぐ行動できる人になるためには、自分の望む人生を具体的に書き出し毎日見えるところに掲示し人生の目標を言葉で唱えることを習慣化することが必要です。

例えば世界遺産1052件の中から自分のベスト100をノミネートして見て回ることが望む人生の目標とした場合、一回の旅行で3~4か所位を見て回るとすると30回位の旅行が必要です。毎年行けたとしても30年近くもかかります。40歳の時に決断したとしても70歳でやっと目標達成することになります。経済的な負担も大きく計画的に貯蓄しないと時間があってもいけません。でも、自分の望む人生を実現したいと思う強い信念さえあれば実現できるように計画し実行できるのが人間なのです。自分が嫌だと思うことでもその実現したい想いが強いので進んで嫌なことに立ち向かっていける行動力とブレない心が支えてくれ困難なことでも乗り越えさせてくれます。

私の望む人生は自分の子供達が他人の気持ちを察することが上手にでき礼節をわきまえた人物になれるよう孟母三遷の教えのとおり勉学やスポーツや社会体験の教育環境をより良く整備し続け成人した際に素直で感受性豊かで自立心旺盛な人になれるように支援することです。そして、若い時期に自分の望む人生を具体的にイメージできその目標に向かって「すぐ行動できる人」になれることが最大の願いです。そのためには経済的にも時間的にも余裕が必要で立ち止まっている暇はなく壁にぶつかり跳ね飛ばされながらもあきらめずに行動し続けることで壁を乗り越えています。子供達の笑顔ほどモチベーションを高めてくれるものはないと思います。

ビジネスにおいては、仕事に追われているビジネスパーソンにスマートマネジメント理論をお伝えすることで1人でも多くの方がワークライフバランスを実現し自分の望む人生を送れるようお手伝いをさせていただくことが願いであり使命であると思っています。

まずは、業務基礎スキルの無料診断をご活用いただきご自分の仕事のさばき力の長所、短所を把握して効率的・効果的に仕事のさばき力を高める努力をしていただけると幸甚でございます。(H.IGA)

関連記事