研修サ-ビスについて

研修は、ご要望に応じて重点を置くポイントを調整出来ます。
詳細については、お問合わせいただければご説明申し上げます。

研修カリキュラム一覧 (黄色の網掛は必修ですセッションです)

セッション名 セミナー内容 効果
1 ワークスタイル 1. フリードマンのワークスタイル分析
2. 自己の長所、短所の把握
3. 業務遂行上長所の問題点発見
4. 組織とワークスタイルの関係
・チームワークの向上
・動機付けの向上
・ストレスコントロール
2 遅延の分析 1. 遅延の現状分析演習
2. 遅延の発生する分野の把握
3. 遅延の発生するプロセスの把握
4. ワークスタイルによる傾向
・業務の先送り防止
・優先順位の動機づけ
・企画、開発業務の早期完成
3 6つの仕事
(投下時間)
1. 業務時間割の分析演習
2. タイムマネジメントの要点
3. 事前と突発の仕事の優先順位
・効率的なスケジューリング
・効率的な優先順位の付け方を修得
4 スケジュール帳 1. 既使用手帳によるスケジューリング演習
2. コントロール主体の確認
3. 遅延との相互関係
・主体性の確立
・スケジューリング゙技法の向上
5 四つの時間 1. 仕事を科学するということ
2. ビジネス時間の仕組み
3. 時間創出のテクニック
・遅延の防止 ・業務中断の防止
・優先順位の明確化
・企画、開発業務の早期完成
・委任業務の明確化
・ストレスコントロール
・業務の前倒し究極
6 自分へのアポイント 1. 自分一人の仕事の重要性の確認
2.はじめの一歩が大切
3. 4週間先迄の仕事を見通す為の演習
7 プランニング 1. ラフとデティールのプランニング
2. 未処理事項の整理
3. 優先順位の設定
8 上手な委任 1. 委任の自己分析演習
2. 委任が失敗する原因
3. ワークスタイルによる傾向
4. 委任のテクニックとリスクヘッジ
・管理能力の向上
・被委任者(部下)の能力向上
・ビジネスコミュニケーションの達成
9 リーダーシップ 1. 良い上司、悪い上司の比較分析
2. 効果的なリーダシップの把握
3. ワークスタイルによる傾向
10 チームワーク 1. チーム力を高める為の重要ポイントの把握(個々の 情報の交換と補完)
2. メンバーシップの重要性の確認
3. ワークスタイルによる傾向
11 会議の方程式 1. 会議の良し悪し
2. 会議の方程式
3. 会議のテクニック
・行動計画の明確化
・時間、費用効果の向上
・時間・ミーティング能力の向上、
12 ワークコントロール 1. 業務中断の仕組み
2. 業務中断の対応策
3. 業務環境の創造
・業務中断の防止
・業務処理時間の向上
13 ビジネスコミュニケーション 1. 四つのスキル
2. コミュニケーションの本質
3. アクティブヒアリング
・コニュニケーションスキルの向上
・業務処理速度の向上
14 魔法のシート 1. 仕事の把握
2. ツールの有効的な使用方法
3. ワークシートを使った演習
・仕事のしくみがガラス張りになる
・ツールを使いこなす事で仕事の達人に近づく

 

研修を通じてトータルとして次のような効果を期待できます。

組織
次のような成果を通じて15-20%のパワーアップが期待できます。

  • 総労働時間の短縮
  • 業務レベル(質)の向上
  • 時間あたりの生産性向上
  • 情報、意思伝達能力の向上
  • 共通認識、言語の確立
  • 方針、戦略の早期達成

 

個人
次のような成果を通じて15-20%のゆとりの創造が期待できます。

  • 業務処理能力の向上
  • ストレス解消、減少
  • 達成業務の質の向上
  • 人間関係のトラブル減少
  • 相互関係の向上