業務コンセプト


業務基礎スキルとは、すべてのオフィスワーカーに共通するもので、近年注目されてきている「コミュニケーション力」、バブル崩壊以降に多くの組織で課題となっている「モチベーションの高め方」、「優先順付け力」、「段取り力」、「仕事の組立力、「委任・受任の仕方」等のことをさします。多くの組織では、そのような業務基礎スキルの習得はOJTに委ねられていて、組織ごとに明文化しルール化し統一した習得をはかっている組織は極僅かで、個人が我流で習得しているのが実情です。

そのようなキチンとした業務基礎スキルの習得なしに「専門知識」の習得を積み重ねるのは砂上の楼閣のようなもので、生産性の向上することは難しく、業務革新がなかなか上手く行かない状況にある組織が多く見受けられます。

その根源的要因は個人の業務基礎スキルの未熟さであり、その結果「自律性」が弱まり他律的に行動する人が増えているからだと思います。業務基礎 スキルをキチンとしたトレーニングにより高めることで「自律性」を強くし、与えられた仕事をこなすだけではなく、自分の仕事を自ら創出し、組織の中で自分の考えの理解を得られるよう周囲の人々を巻き込む努力を惜しまず、思い通りに仕事を進めて達成感を感じることが出来るようになります。しかし、業務基礎スキルの習得が軽視されている状況の中で、残念ながらそのような人は極稀な時代になってしまっています。

そこで、我国のホワイトカラーが「自律性」を取り戻し、情報に振り回されずに自分の直観と考え、想いに自信を持ちチャレンジ精神を高めていけるようにその根底にある業務基礎スキルに特化した研修会社を設立致しました。