最新の投稿

忖度(sontaku )に悩むよりコミュニケーションを活発化させましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

森友学園問題に端を発した言葉「忖度(sontaku) 」がメディアで連日取り上げられています。忖度の意味は「他人の心を推しはかる」、「他人の心を他の事柄を元に推測する」という意味と解説されていますが日常生活において耳にすることは稀です。しかし、生活の中では忖度の行為は日常的に行われていると思います。町内会行事や学校行事などの実行委員が、出席するご高齢の名誉町民の想いを忖度して行事をつつがなく無事に行いたい想いで様々は趣向を凝らしたりしています。そのような場合は良い忖度として受け入れられています。逆に出席する来賓に過度に気を使い来賓の考えや趣味嗜好を忖度して出席者全体への気配りが損なわれるような場合は悪い忖度として不満を生みます。森友学園問題は悪い忖度が行われたケースです。このように忖度は使われ方が広範囲で分かりにくい行為です。それ故に忖度の仕方についての企業研修が注目されています。その背景には大企業のサラリーマンが上司の意向を忖度することに疲弊してうつ病になるケースがあります。部下は上司に逆らえず上手に迎合しながら評価を高めるために努力をするのが当たり前になっています。高い業績を上げても上司との関係が良好でなければ評価はさほど上がらない場合があるのが厳しい現実ではないでしょうか。そのような環境では上司に気に入られるために忖度をし過ぎてしまい疲弊している人が少なからずいるのが現実です。
上司との関係を良好にする方法は忖度するよりも自分を正しく理解してもらうようキチンとコミュニケーションを取ることがストレスを少なくしかつ相互理解を深める上で有効であると思います。鈍い奴とか頭が悪い奴と思われることを恐れずに上司の考え・意向をシッカリと聞き出し自分がキチンと理解することが大切です。コミュニケーションの基本はお互いに オープンハートで正直に自分の考え・想いを相手に具体的・客観的に伝えるスキルです。その為には、数字で表すことが必要です。主観的な表現は相手に正確に伝わりずらいので誤解や勘違いが生じることが多いです。数字は誤解を生みません。
上司の方は部下がコミュニケーションを取ることをためらっていることが多いことに敏感になり自分から部下に話しかけるようにすることが肝要です。
上司部下のコミュニケーションが円滑である組織はモチベーションが高く結果的に生産性が高い傾向が強いです。自ずとストレスが少ない人が多いのです。上手なコミュニケーションが組織活性化の万能薬だと思います。
コミュニケーションスキルをアップさせるポイントは①相手に興味を持ち注意深く観察してその場の相手の精神状態や想いを理解することに注力する。誰でも自分の本心を分かってくれる相手には信頼を寄せてくれます。信頼関係が弱い場合はコミュニケーションは成り立ちません。②相手から聞かれていないのに自分の話ばかりしない。特に自慢話は禁物です。コミュニケーションを崩壊させてしまいます。相手が話易い雰囲気を作ることが大切で、世間で話題になっている事柄や相手の興味があるテーマとか相手との共通の話題探しをしてから会話をスタートさせて緊張感をほぐすことが大切です。そして何と言っても「明るい笑顔」で話しかけることが一番効果があります。③相手がコミュニケーションを活発化させたいと思う具体的な質問を投げかける。相手の話を真摯に聞いていても自分がキチンと理解していることを示し伝えるには相手の話の内容から相手が共感するような内容について「もっと教えて欲しい」という姿勢が伝わる具体的な質問が効果があります。④相手の話を最後まで聞くこと。これがなかなか出来ない人が多くいて損をしていると思います。会話は生き物ですので相手の話に割って入った途端に和やかな雰囲気が崩れてしまい会話が盛り上がらないで終息してしまうことが多々あります。特に自信過剰な人や自己愛性人格障害の人は相手の話に対して否定的な言葉を発してコミュニケーションを上手くすることが出来ません。「でも」という言葉はコミュニケーションにおいて禁句です。➄人間は言語を持たなかった原始時代でも顔の表情・声のトーンや大小・ジェスチャーでコミュニケーションを取っていました。私達のDNAには言葉以外の非言語コミュニケーション(ノンバーバルコミュニケーション)の能力が多く記録されています。アメリカの心理学者マレービアン博士の法則によれば、言葉によるコミュニケーションの割合は僅か7%しかないそうです。その点を踏まえると笑顔や話すテンポが相手に与える影響が物凄く大きいことを理解しておくことが大切です。キチンとした身だしなみや姿勢・仕草が「相手を敬っている証」なのです。
「実るほど頭を垂れる稲穂かな」の気持ちでコミュニケーションを取りコミュニケーションのエキスパートになれれば素晴らしい人生が訪れると確信しています。(伊賀 博之)
注記:英語で「忖度」を直接言い換える言葉はありません。

関連記事